オーストラリア留学の2024年ベストガイド:留学費用、申請書の準備、FAQ

なぜオーストラリアで勉強するのですか? 留学のメリットとは

近年、オーストラリアは、アメリカ、イギリスに続き、世界中からの留学生にとって最も人気のある3つの留学先の1つになっています。 オーストラリアへの留学を決めた理由は、ブリスベン、メルボルン、ゴールドコースト、シドニーなどの主要都市の安全で快適な環境だけでなく、オーストラリア政府の教育産業への強力な投資も関係しています。2019年、オーストラリア政府は55か国からの留学生に対し、300万オーストラリアドル以上の奨学金と短期コースを提供し、オーストラリアの高い教育水準と高度な教育システムを示しました。多くの留学生はオーストラリアでの留学を夢見るようになりました。 ここでは、オーストラリアが留学先におすすめな4つの理由をご紹介します。

就労ビザと移民政策

オーストラリアでは労働市場の需要が高まっており、ワーキングホリデービザだけでなく、学生ビザを持つ留学生も2週間で最大40時間まで合法的に働くことができ、勉強と仕事を両立させることが可能です。卒業後、オーストラリア政府は大学院就労ビザ(PSW)を発行することで、留学生は卒業後もオーストラリアで仕事を見つけることができ、労働市場の需要を満たすとともに、留学生の海外での長期的なキャリア発展を支援します。 2023年7月1日より、留学生は卒業後さらに2年間PSWビザを取得する機会が与えられ、労働時間は2週間あたり48時間に緩和されます。

授業料は安く、質は高い。最もコストパフォーマンスが良い留学先だと言えます

オーストラリアは、世界クラスの教育の質と豊富なカリキュラムが知られており、特に8つの名門大学は国際的に有名です。 QS 世界大学ランキング 2023 によると、オーストラリアの 7 つの大学がリストアップされています。 Studyportalsの公式情報によると、オーストラリアの年間授業料は約20,000〜50,000オーストラリアドル(約200万円~500万円)で、予算を考慮した学生にとって最もコストパフォーマンスが良いでしょう。

距離が短く、時差が小さい

オーストラリアは台湾に比較的近く、飛行時間は約8〜13時間、時差は約0〜3時間です。 これにより、留学生は時差ぼけを気にすることなく、家族や友人と連絡を取り合うことが容易になります。

安全で快適な生活環境

オーストラリアは西側諸国に比べ、より安全です。 メルボルン、シドニー、ブリスベン、パースなどの都市は、常に世界の住みやすい都市トップ10の1つにランクインしており、オーストラリアは留学と将来の生活の両方に理想的な選択肢となっています。

なぜオーストラリアで勉強するのですか? 留学のメリットとは

オーストラリアで勉強するには何を準備すればいいですか? オーストラリアの留学制度について学ぼう

オーストラリアには42の大学があり、そのうち37の大学は公立で、主に研究大学と実践的な科学技術大学に分かれています。

研究に重点を置く大学 : このグループは、米国のアイビーリーグや英国ラッセルグループと同様に高い学術的評価を持つ大学で構成されています。メンバーには、以下のオーストラリアの大学が含まれます。メンバーには、メルボルン大学、シドニー大学、ニューサウスウェールズ大学、オーストラリア国立大学、モナシュ大学、クイーンズランド大学、西オーストラリア大学、アデレード大学が含まれます。 工科大学:シドニー工科大学、RMIT大学、ニューカッスル大学、カーティン大学、ディーキン大学、南オーストラリア大学を含むオーストラリア技術ネットワークで構成されています。 これらの大学は実践的な能力の養成に焦点を当てており、多くの場合、学生が将来の職場で必要なスキルを身につけるために企業と共同で設計されたコースを提供しています。 オーストラリアの大学の修士課程は、授業型と研究型に分かれています。 授業型は、主にレポートの提出、および論文またはプロジェクトの完了を通じて学位を取得できます。 研究型では主に各自で学術研究を行い、教授の監督の下で論文と口頭弁論を完成させます。 一部の修士課程は1年から1.5年で修了できるため、学生は迅速かつ費用対効果の高い方法で学位を取得することができます。

オーストラリア留学ビザの申請手続きと書類

オーストラリアの大学や研究所へは主に2月と7月に入学し、3学期制(2月、5月、9月)の学校もあります。 オーストラリアへの留学をしたい学生は、IELTS試験の1年前に準備をし、学期開始の6ヶ月前に出願書類を提出することをお勧めします。 入学が許可され、料金を支払うと、ビザの申請に必要な書類の1つである入学確認書(CoE)が届きます。 ビザ申請に必要な書類は、有効なパスポート、電子登録確認書(eCoE)、留学生健康保険(OSHC)、財源の証明(少なくとも1年間、授業料、生活費)、正規一時入国者(GTE)申告書、関連フォーム(956A、157N、1229など)、英語の戸籍謄本、オーストラリアの学生ビザ料金:710オーストラリアドル、健康診断書(ビザ発行後28日以内に記入)が含まれます。

オーストラリアで勉強するための授業料と生活費

オーストラリアの授業料は学校やカリキュラムによって異なり、科学、工学、医学などの専攻は比較的高く、文系の学部はよりリーズナブルです。 一般的に、留学生の授業料は地元の学生よりも高くなります。 授業料:学部は年間約29,000〜50,000豪ドル(約290万〜500万円)、大学院は年間約32,000〜51,000豪ドル(約320万〜510万円)。 宿泊費:ホームステイは月額約1,000〜1,400豪ドル(約10万〜14万円)、学生寮は月額約600〜2,000豪ドル(約6万〜20万円)。 生活費:月額約500〜700オーストラリアドル(約5万〜7万円)、都市によって多少異なります。

オーストラリア留学に関するよくある質問

a. 留学ビザは必要ですか? はい、留学生は合法的にオーストラリアで勉強するために学生ビザを申請する必要があります。 b. オーストラリアで働くことはできますか? 労働時間の制限は? はい、学生ビザの学生は、隔週で最大40時間、休暇中はフルタイムで働くことができます。 c. どのような場所に宿泊できますか? 学生は、キャンパス内の寮またはキャンパス外の賃貸住宅に住むことが可能です。キャンパス内の寮での生活は便利で、他の学生との生活を楽しむことができます。 d. 申請できる奨学金はありますか? はい、オーストラリアの大学や機関はさまざまな奨学金を提供しており、学生は学校に情報を確認できます。 e. オーストラリアで勉強した後、オーストラリアに滞在して働くことはできますか? はい、一部の卒業生は大学院就労ビザを申請する資格があり、オーストラリアに長期滞在して働くための技能移民ビザを申請する機会があります。

Insert Content Template or Symbol

勇気を出して最初の一歩を踏み出すことで、夢の実現に一歩近づきます。今すぐJRISに連絡して、無料の一対一のオーストラリア留学相談を受けましょう。JRISがあなたの留学の夢を叶えるお手伝いをします。


おすすめページ

まだ迷っていますか?

時間は無限ではありません

JRISに任せてみませんか?