2024年オーストラリアの学生によく見られる詐欺の概要

オーストラリアの留学生は詐欺の標的になることが多く、最も一般的な詐欺の1つは、さまざまな機関や企業になりすまして金銭や個人情報を騙し取ろうとすることです。 最も一般的な詐欺のいくつかと、被害に遭わない方法を見てみましょう。

DHL国際宅配便詐欺

これはDHLインターナショナルエクスプレスになりすます詐欺の手口です。 詐欺師は通常、電話をかけてきて、偽造パスポートや偽の資金源の文書などの、違法なアイテムを含む可能性のある荷物が保管されていると伝えてきます。 彼らは、あなたが罰金または保釈金を支払わなければ、あなたは法的な結果になると脅迫するでしょう。

オーストラリアのVodafoneプリペイドカード

さらに、ボーダフォンなどの有名企業を装った詐欺電話もあります。これらの詐欺師は警察や公的機関の代表を装い、あなたが犯罪に関与していると主張し、逮捕を免れるために罰金や保釈金の支払いが必要だと脅します。彼らはさらに、特定の銀行口座への送金など、信頼性のある手続きを装った指示をすることがあります。

中国領事館からの警告

領事館職員を装った詐欺。 これらの詐欺師は、パスポートの有効期限が切れているためすぐに再発行する必要があると主張したり、犯罪行為に関与しているとし捜査への協力が必要と主張することがよくあります。 偽の問題を解決するために、個人情報を要求したり、金額を支払わされたりする場合があります。

外貨両替詐欺

犯罪者は、被害者の注意を引くために、ウェブサイトやソーシャルメディアに両替情報を投稿することがよくあります。外貨両替取引への合意後、詐欺師は偽のオンライン送金情報を作成したり、遅延送金の手法を利用して、被害者に指定された口座に資金を送金させます。一旦資金が送金されると、詐欺師は連絡を絶ち、被害者の資金を奪い取ってしまいます。

税務局のなりすまし

オーストラリア税務局は、納税者に税金還付(過払いしている税金の払い戻し)メール詐欺に注意するよう警告を発しました。 これらの詐欺メールは、多くの場合、税務署になりすまして、納税者の名前で還付通知を送信します。 詐欺メールには、納税者にIRDのWebページと思われるリンクをクリックして請求情報を確認するように求めるIRDのロゴが含まれていることがよくあります。 彼らはアカウント情報を聞き出し、情報を確認しないと払い戻しを受け取ることができないと主張します。 これらの詐欺メールは、被害者を偽のWebサイトに誘い込み、個人情報や財務情報を盗もうとします。

防疫センターによる調査

パンデミック中には、防疫センターの調査を装った詐欺も発生しています。詐欺師は、あなたが国内で感染が確認され、隔離が必要だと主張することがあります。あなたが国内にいないことを伝えると、あなたの個人情報が盗まれた可能性があると脅し、保釈金を支払わなければ国内に送り返すと脅すことがあります。

詐欺から身を守るには?

これらの詐欺から身を守るために、警戒を怠らず、見知らぬ発信者からのメッセージを信用しないようにしましょう。 不審な電話がかかってきた場合は、電話を切り、公式ルートを通じて関係当局に連絡し、信憑性を確認する必要があります。 犯罪者に利用されないために、不審なWebサイトには個人情報を入力しないでください。 最も重要なのは、落ち着いて、慌てて決断を下さないことです。 詐欺に対して注意深く警戒することで、私たちの資産と個人の安全をより保護することができます。

詐欺から身を守るには?

還在猶豫? 不要蹉跎了!

現在就連絡傑瑞斯,只有行動,才不會錯失機會!